奥成達資料室blog版

okunari.exblog.jp
ブログトップ

<   2012年 03月 ( 6 )   > この月の画像一覧


2012年 03月 09日

「BE-PAL」1997.1

「BE-PAL」1997.1
FIELD ESSAY
小原庄助さんに学ぶ  詩人・エッセイスト 奥成達
 東山温泉・湯川の流れの音で眼を覚ます。枕元の腕時計はまだ午前7時。盆の上には寝酒の空き徳利が三本、水差しの横にそのまま置いてある。
 寝床の中から手をのばし徳利を一本ずつふってみる。有難や、手つがずのまま燗冷ましになった一本が残っていた。それで頭から布団をかぶったまま迎え酒をする。極楽、極楽。
 ……
 庄助さんがとにかく素晴らしいのは、何といってもその向上心のなさ。この上昇志向ゼロの非生産性こそ、学ぶべきぼくのアウトドアライフのモットーであります。

[PR]

by 4-kama | 2012-03-09 18:33
2012年 03月 09日

新温泉主義①

(掲載誌不明)
連載 新温泉主義① 湯呑み人 奥成達 
 会津東山温泉(福島県) 小原庄助伝説を訪ねて
 ……
 彼は、過度な酒好きが災いして、会津にいられなくなり、奥州街道白河宿に住む絵師・羅漢山人を頼った。ところが、この羅漢山人も大酒豪だったことから、2人は夜ごと酒宴をくり返していたそうで、その結果この庄助さんはポックリ昇天してしまったという。
 ……
 温泉主義・湯呑み人としては、この小原庄助さんの「朝湯好き」に特に注目してみたい。普通に言えば"晩酌"に"風呂”だが、これが「朝酒」に「朝湯」となると、この一風呂には、もうちょっと非現実的な生理的な快感を最優先させる快楽的な要素が強くなってくるからである。

[PR]

by 4-kama | 2012-03-09 18:33
2012年 03月 03日

優雅な生活 昭和44年12月1日

優雅な生活 
創刊2号 
昭和44年12月1日
編集 宮崎研究室
発行 アグレマン社

 夜のうた 六本木界隈 文・奥成達 写真・佐藤武志 イラスト・永田はるみ

[PR]

by 4-kama | 2012-03-03 20:47
2012年 03月 03日

日本読書新聞 1984.12.17

日本読書新聞 1984.12.17

今年の収穫 1984上 アンケート
ジャズ評論家 奥成達
① 宇佐美圭司『デュシャン』岩波書店
② 三宅榛名『音楽未来通信』晶文社
③ 高橋厳『シュタイナー教育入門』角川書店
 宇佐美圭司氏の〈素人の哲学〉、三宅榛名氏の〈思考の身軽さ〉、高橋厳氏の〈不確かさの道を歩もうとする勇気〉は、それぞれ立場こそ違え〈何か別のものへの伝統〉を語って、共通する、いま大切な言葉のたくさんつまった著書であると思います。
 これに、よければぼくの『深夜酒場でフリーセッション』(晶文社)をもう一冊入れてほしいところですが。

[PR]

by 4-kama | 2012-03-03 18:49
2012年 03月 03日

UCカード会員雑誌(詳細不明)

UCカード会員雑誌(詳細不明) 昭和60年のいつか

p69)高平哲郎の大胆にも対談 三宅榛名

……三宅榛名さんに関しては奥成達さんや坂田明さんの良く知っている人ということで、それこそ大胆にも対談をして頂くことになってしまったが、そういうことが決まって改めて三宅さんの本を読み直したり、初めてコンサートを聴いたりしてみると、よくも大胆に、こんな凄い人に対談を申し込んでしまったもんだと我ながら自分の軽卒振りに滅入ってしまった。
 三宅さんの文章は面白い。音楽に関するものも、そうじゃないものもサバサバして分り易く気持ちよく読める。でも、肝腎の音楽の方は知らなかったわけだが、先日、対談の数日前に初めてジァンジァンで聴く機会を本誌渡辺編集委員が作ってくれた。三宅さんのステージも、文章以上にサバサバして分り易く気持よく聴けるものだった。そして初対面の三宅さんも、そういう人だった。

[PR]

by 4-kama | 2012-03-03 18:43 | 雑誌登場編
2012年 03月 02日

「週刊朝日」2012.3.2号

ジャズピアニストの山下洋輔 「仲間と無名のタモリを東京に呼び寄せた」

……そのころいつもそばにいて、お師匠さんみたいにいろいろなことを話してくれた人が、評論家の相倉久人さんです。相倉さんは、いろんな人とも会わせてくれました。SF作家の筒井康隆さんをはじめ、詩人の奥成達さん、評論家の平岡正明さん。筒井さんは前からファンだったので、著書は全部読んでいました。
 新宿の「ジャックと豆の木」というバーに集まって騒いでいたんですが、そのころに、今度は福岡で、無名だったタモリと出会うんです。あまりに面白いことをするので、バーの仲間たちが新幹線代を出して東京に呼んじゃいました。それがきっかけで、タモリは上京して、芸能界にデビューしてしまった。タモリを囲んでバーの仲間と毎晩狂乱して、とにかく面白かったですよ。……
[PR]

by 4-kama | 2012-03-02 14:33 | 雑誌登場編