奥成達資料室blog版

okunari.exblog.jp
ブログトップ

<   2007年 09月 ( 1 )   > この月の画像一覧


2007年 09月 03日

やまびこ(葉山エコーハイツ 2007秋)

やまびこ(葉山エコーハイツ 2007秋)

なつかしの遊び図鑑 ゴムとび 文・奥成達 イラスト・ながたはるみ
 昔はお肉屋さんのコロッケ、乾物屋さんのつくだ煮も、まず経木で包み、上から新聞紙でくるんで、輪ゴムでパチンととめて渡された。その輪ゴムを、なぜかわが家では水道の蛇口にたくさんかけてあった。母親の手首にもいつも輪ゴム一つ、腕輪のようにとめていた。
 そんな輪ゴムをたくさんつなげて2-3メートルぐらいの長さのゴムひもにして遊んだのが、ゴムとび。ゴムだん、ゴム縄などとも呼んでいた。
 左右にひっぱられたゴムひもを走り高とびの要領でとび越す。低いところからだんだん上げられていく。特有のルールがあって、ゴムにどちらかの足がとどけば、引っぱって下ろしてもいことになっていた。
 とびかたにも体を一回転させてジャンプする”ケンケンとび”、”片足とび”。ジャンプしてもとてもとどきそうもないときには、身長の全部を使った”逆立ちとび”というのがあった。
 どちらかというと女の子の遊び、ということになっていたが、もちろん男の子も参加できる。スカートがパッと開いてしまうので、パンツにスカートのすそをはさみこんだブルマースタイルの女の子の姿が、思い出されて懐かしい。

[PR]

by 4-kama | 2007-09-03 19:00 | 雑誌登場編