<   2006年 12月 ( 7 )   > この月の画像一覧


2006年 12月 29日

「FUSO」 2006.12

「FUSO」 TRUCK & BUS MAGAZINE 2006.12

P4) 折々の小さな旅 第12回
日南海岸・油津
映画・寅さんシリーズのロケ地になった港町は
懐かしい日本の原風景があった

文:奥成達(ノンフィクション作家・詩人)
写真:吉岡宏(写真家)

* 三菱ふそうトラック・バス株式会社ウェブサイト で、 記事の内容が写真付きでご覧になれます。
[PR]

by 4-kama | 2006-12-29 14:44
2006年 12月 29日

「FUSO」2006.11

「FUSO」 TRUCK & BUS MAGAZINE 2006.11

P4) 折々の小さな旅 第11回
日向・飫肥
四百年の歳月を経て、いまも江戸時代の旅愁が漂う九州の小京都

文:奥成達(ノンフィクション作家・詩人)
写真:吉岡宏(写真家)

* 三菱ふそうトラック・バス株式会社ウェブサイト で、 記事の内容が写真付きでご覧になれます。
[PR]

by 4-kama | 2006-12-29 14:42
2006年 12月 29日

「FUSO」2006.10

「FUSO」 TRUCK & BUS MAGAZINE 2006.10

P6) 折々の小さな旅 第10回
城下町彦根
幕末の雄・井伊直弼、花の生涯
琵琶湖畔に江戸情香が残る城下町

文:奥成達(ノンフィクション作家・詩人)
写真:吉岡宏(写真家)

* 三菱ふそうトラック・バス株式会社ウェブサイト で、 記事の内容が写真付きでご覧になれます。
[PR]

by 4-kama | 2006-12-29 14:40
2006年 12月 29日

「FUSO」2006.8

「FUSO」 TRUCK & BUS MAGAZINE 2006.8

P6) 折々の小さな旅 第8回
石見銀山
海を渡った石見銀…
その銀の道が、いま「世界遺産」をめざす

文:奥成達(ノンフィクション作家・詩人)
写真:吉岡宏(写真家)

* 三菱ふそうトラック・バス株式会社ウェブサイト で、 記事の内容が写真付きでご覧になれます。写真は同ウェブサイトより。
c0069542_14363291.jpg

[PR]

by 4-kama | 2006-12-29 14:36
2006年 12月 29日

「図書新聞」

「図書新聞」2800号

発行:図書新聞
発行日:2006.12.2


文学・芸術

本のことなら何でも 著者の行動の面白さに魅せられてしまう
奥成達

南陀楼綾繁著『路上派遊書日記』右文書院

昔から日記本を読むのが好きだった。…
ナンダロウさんの日記本の面白さは、当たり前のことだが、つまり南陀楼綾繁さんという人物のそのユニークさにつきる。…最初の書き出し「一月上旬 どーせ儲からないんだから好きにやろう」。いやあ、まったく同感だ。

[PR]

by 4-kama | 2006-12-29 14:25 | 雑誌登場編
2006年 12月 29日

「やまびこ」

「やまびこ」2006年秋号

発行責任者:渡辺勝
編集:平沼洋司


ロビーで座談会(1) ロビーでお茶のみ会を開きませんか
出席 渡辺勝、平沼洋司、奥成達

……
平沼 ロビーに部屋のような空間をつくるってことですね。…
奥成 …本棚を置いて、部屋に持ち帰るのもいいし、自分が読まなくなった本をそこに寄付して置いてもらう。
平沼 小学校の時の「学級文庫」のやり方ですね。……そこで時々、広報クラブで「やまびこ」の取材もさせていただけると有り難い。(笑い)
奥成 で、月一回は、そこでコーヒーや紅茶をいただけるってわけですね。(笑い)いいなあ。
……

[PR]

by 4-kama | 2006-12-29 14:19 | 雑誌登場編
2006年 12月 09日

赤塚不二夫責任編集『ベスト・オブ・まんがNo.1』

c0069542_20185353.jpg赤塚不二夫責任編集『ベスト・オブ・まんがNo.1』

発行:2006.11.23
監修:長谷邦夫
編集・デザイン:ムジコ・プロ
制作進行:金野篤、古賀文規
制作協力:フジオ・プロダクション/赤塚不二夫
制作:disk union

1972年、赤塚不二夫が創刊した幻の雑誌『まんがno.1』。付録のソノシートレコード6曲をCD化して「まんがNo.1シングルス」として付し、全10号からのベストセレクションを一冊に再編集した。当時、実際の制作を担っていた長谷邦夫と、「ツーホット・ワンアイス」名義で編集に多く関わった奥成達の対談がある。対談中にも出てくるがツーホット〜による「○○メッタ斬り」シリーズはやはり痛快爽快、かのサザエさま事件のこともチラと。

当奥成達資料室からも資料をお送りしました。10年前の当資料室からの公開情報はこちらdisk unionのサイトでは赤塚不二夫漫画家業50周年記念企画!!と銘打って華やかに登場、人気が過ぎている模様ですがそれも納得の、作り手の喜び香しき一冊。時間をかけて丁寧に刊行された金野さんに敬意を。
[PR]

by 4-kama | 2006-12-09 20:19 | サブカル雑誌