<   2006年 03月 ( 4 )   > この月の画像一覧


2006年 03月 26日

「FUSO」2006.3

「FUSO」 TRUCK & BUS MAGAZINE 2006.3

P4) 折々の小さな旅 第3回
道東・霧多布 
いつも霧が出ているから霧多布。ラムサール条約登録の湿原

文:奥成達(ノンフィクション作家・詩人)
写真:吉岡宏(写真家)

三菱ふそうトラック・バス株式会社ウェブサイトで、記事の内容が写真付きでご覧になれます。
[PR]

by 4-kama | 2006-03-26 20:47 | 雑誌登場編
2006年 03月 26日

「gui」77

「gui」77

p217) 北園克衛『郷土詩論』を読む(41) 奥成達

もくじ
[PR]

by 4-kama | 2006-03-26 20:44
2006年 03月 26日

「現代詩手帖」2006.3

「現代詩手帖」2006.3

p73) 追悼・黒田維理さん 奥成達


黒田維理氏が2005年12月19日に亡くなられた。享年76歳であった。
けっして多作の詩人ではなかったが、寺山修司さんや白石かずこさん、諏訪優さんなど昔から黒田さんのファンは多かった。
ここにその詩の幾つかを紹介するだけのスペースはないが、かつて北園克衛が主宰していた「VOU」の主要メンバーのお一人であり、清水俊彦氏と並んでその北園詩学を継承し現在に伝える論客でもあった。
しかし黒田さんの多くの詩作品、エッセイの大半が「VOU」を始めとして、いわゆるマスメディアにではなく、その時代時代に尖鋭的に活動を続けていたリトルマガジンの中であったために、詩壇とはほど遠い執筆活動であった、ともいわざるをえない。
というより常に詩壇というものと一線を画して仕事をしてくられた詩人、とむしろいうべきなのかも知れない。
……

[PR]

by 4-kama | 2006-03-26 20:41 |
2006年 03月 12日

奥成達ラジオ「nusic books」


nusic、の渡邉裕之ディレクター、待ってました!連絡ありがとうございます。


詩人・奥成達と本で遊ぶラジオ「nusic books」

第2回「海辺本を読む」 『太陽の季節』を読んで、渚のモダンを追う旅へ

●今回とりあげた本
『太陽の季節』(石原慎太郎 新潮文庫)
『渚のモダニズム‐‐「夏の感性」としての戦後』(梁木靖弘 マック)
『フランソワ・ トリュフォー映画読本』(山田宏一 平凡社)
『ぼくんち』(西原理恵子 小学館)

写真(↓)はnusicウェブサイトより。


c0069542_1928549.jpg
[PR]

by 4-kama | 2006-03-12 19:29