奥成達資料室blog版

okunari.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:ジャズ批評( 20 )


2015年 08月 01日

『私家版・日本ジャズ伝~モカンボ・セッションから冷し中華祭りまで』のこと

JAZZTOKYO/稲岡邦弥さんの「ある音楽プロデューサーの軌跡」、「追悼 清水俊彦(後編)」に、『私家版・日本ジャズ伝~モカンボ・セッションから冷し中華祭りまで』(清水俊彦、平岡正明、奥成達)のことなど。
c0069542_1893242.jpg

[PR]

by 4-kama | 2015-08-01 09:06 | ジャズ批評
2014年 12月 30日

そっと「あの頃を想う」

そっと「あの頃を想う」
新宿PIT INN
2014.12.30(火)
開場19:30 開演20:00
4,000円+税

渋谷毅(p)、亀渕友香(vo)、金子マリ(vo)、小川美潮(vo)、山木幸三郎(お話とg)、萩原信義(g)、池田洋一郎(g)、富倉安生(b)、小松崎政雄(ds)、安東昇(b)、外山 明(ds)。

フライヤーへの寄稿

暮になると昔話が懐かしくて暖かい 奥成達

マキ(浅川)さんが、自宅そばの麻布十番のコンビニの前で買い物をすませ、両腕に大きな紙袋を提げて立ち、タクシーをつかまえようとして手を挙げているのだが、タクシーのほうではてっきりホームレスのおばさんが立っているとしか見てくれてはいないようで、一台も停まる素振りも見せてくれず、どうしたらいいのか大変だった…。なんていうマキ自身がいつか語ってくれていた昔話が、本当のことなのか、ウケを狙った作り話なのかはともかく、いまでもとても好きだ。面白かった。……

c0069542_16224375.png

[PR]

by 4-kama | 2014-12-30 16:21 | ジャズ批評
2014年 08月 19日

「美空ひばり論」のことなど

ウェブサイト「洪水〜漂流記録」に池田康さんが「奥成達さんの美空ひばり論」(2014.8.14)について。
[PR]

by 4-kama | 2014-08-19 17:46 | ジャズ批評
2013年 12月 09日

「あしたのあしたのまた明日」記念冊子

渋谷毅の音楽漬け一夜「あしたのあしたのまた明日」記念冊子

タイトル書:藤ノ木明仙
写真提供:市川幸雄、島田正明、鎌倉淳ほか
イラストレーション:沢田としき
デザイン:沢田節子
印刷:鬼頭印刷(株)

p16)奥成達

c0069542_17252733.jpg

[PR]

by 4-kama | 2013-12-09 17:22 | ジャズ批評
2012年 11月 22日

『宮澤賢治、ジャズに出会う』のこと 

ウェブサイト「地球人スピリット・ジャーナル2.0」(2012/11/22)に、『宮澤賢治、ジャズに出会う』のこと。
[PR]

by 4-kama | 2012-11-22 17:00 | ジャズ批評
2012年 02月 25日

stereo 1977.5

stereo 1977.5

p221) 特集 ニュー・ミュージックのヒロインたち

矢野顕子賛江 奥成達
 ……
  かに座のA型の男の
  緑色の記憶に必ず出てくる
  ラーメン屋の娘の赤い帯がほどけたので
  赤面する正面

  かきフライが好きだということは
  あなたにとって実に何の意味もない
  ような詩を作ることが楽しい
  ように柿の種類について考えることは
  こういうときこそ大切なことだ
  と思うべきかな春の朝

  障子をあけて首を出した
  ところに
  花が咲いたら一寸うれしく驚くが
  花の種類を調べなくてはならないのが
  苦痛が鳴る

  立てかけておいた
  わだかまりの大群がぬかるみに落ち
  あわてる隙間に
  もらいが少ない乞食が
  一人苦笑い

  担いでいるものは何か
  自分でもよくわからない
  おっさんの
  精巧な方向に従って ズボンに
  矢印を描くと
  矢印ズボンができる

  下駄のはな緒で鼻をかんでは
  いけませんよアキコ

というので勘弁してもらえないだろうか。本当のところ矢野顕子という人は全面的に凄いので、もー言うことはありません。
 ……
 実はだいぶん前に、実に運良く、ボクは新宿のボクたちの溜り場のスナック「ジャックの豆の木」で,矢野顕子に対面出来て、しかも隣に坐ってつのる想いのたけを打ちあけるチャンスがあったのです。
 ……
 矢野顕子にAkiko Yanoと巨人軍のマークの入ったサインをもらった日からだいぶたってから、その「ジャックの豆の木」のママA子から後できいたところによると、ボクはコーフンのあまり、彼女に「あなたこそ冷し中華だ!!」と何度も叫んだらしい。
 なんちゅう素晴らしいことをボクは口走ってしまったんだろう。
 しかし、それも今度の四月一日の読売ホール「第一回冷し中華まつり」に、矢野顕子が出演してくれることになっちゃったので、どーも妙にツヂツマが合いすぎてしまうのだ。
 ……
 タモリから仕入れた情報によると(実はボクは彼女のナマ演奏を見たことがないので)、矢野顕子のある日のステージ衣装は、上衣はセーラー服にノーブラ、下がモンペ、しかも狸の尻尾をブラさげて出てきたというのだ。
 こんなケロハシタな衣装で、わーらにまみれてよー、なんて歌うのだから、とうていサレモケに矢野顕子について書けないのだ。
 ……
 

[PR]

by 4-kama | 2012-02-25 19:04 | ジャズ批評
2012年 02月 25日

潮 1983.12

潮 1983.12

p317) 私の愛盤 奥成達

 行きつけの新宿三丁目の酒場「ふらて」の閉店は午前二時であるが、いつも帰りぎわには必ずマイルス・デイビスの「モダン・ジャズ・ジャイアンツ」をリクエストする。このレコードの中のセロニアス・モンクの〈ザ・マン・アイ・ラブ〉のビアノソロが聴きたいからである。
 ……
 いまモンク亡きあと、こんなピアノを弾いてくれる人は、あの渋谷毅しかなく、その渋谷さんの「渋やん」(AKETA'S DISK AD-13)をボクは目下暇さえあれば聴いている。この若くして伝説的になってしまったかのような渋谷毅のピアノには、フュージョンやらフリーやらのブームによって失われてしまいそうな〈ジャズ〉の一喜一憂の新鮮な体験の感動にいつもあふれているのである。つまり音楽に感動するというのはテクニックの磨きなどにあるのではなく、演奏するミュージシャンの人柄にすべてあるのだという原則を、いつまでも守っている唯一(といってもいいくらい)のピアニストなのである。
 モンクもそうであったように、渋谷毅もまたジャズの流行スタイルには一切関心なく、比類ない独自のピアノスタイルをもって、いまも自分のジャズをひたすらマイペースで語り続けているようだ。

[PR]

by 4-kama | 2012-02-25 18:24 | ジャズ批評
2012年 02月 25日

廣木光一 TANGO IMPROVISADO 1996.7.26

廣木光一 TANGO IMPROVISADO 1996.7.26
ACOUSTIC GUITAR SOLO & Poetry Reading へのお誘い

c0069542_16555136.jpg

[PR]

by 4-kama | 2012-02-25 16:57 | ジャズ批評
2011年 10月 09日

『蝶々在中』ライナーノート

『蝶々在中』(carco)

渋谷毅(piano)+川端民生(bass)
ライナーノート 奥成達

 (抜粋)川端民生がいつも演奏中に常に信じ、キープしておきたい大切なものとは何か? 
 それは、そのミュージシャン同士が発してくる「想い」(肉体の思考)のコミュニケーションが、これからどういう世界になっていくのかの期待感である。
 ……
 そんな川端民生の魅力を絶大な信頼をもって、渋谷毅がストレートに、存分に引き出して聴かせてくれる。
 二人の楽しそうな、溌剌としてスリリングな対話を、たっぷりと、そしてじっくりと耳を傾けてもらいたい。
 ……
 渋谷さんやバタさん(川端民生の愛称)は、たとえるなら山頭火や放哉の、骨太の自由律俳句のようだ。とくにこのアルバムは、

 てふてふうらからおもてへひらひら 山頭火

 という句がふさわしいと思う。     奥成達


bookbar5/溌剌としてスリリングな対話『蝶々在中
c0069542_14282665.jpg

[PR]

by 4-kama | 2011-10-09 20:26 | ジャズ批評
2011年 06月 04日

『Fukujin』 No.15

〜仏教カルチャー誌のニューウェーブ!〜

編集人:上杉清文/福神研究所
編集デスク:澁澤光紀、鈴木祐弘、作田光照、岩間湛教
表紙・デザイン:南伸坊
発行人:末井昭
発行所:白夜書房

内容

表紙:南伸坊がなる松山俊太郎
特集:松山俊太郎【法華経研究の最前線】
 【世界文学としての法華経】松山俊太郎×安藤礼二
 【法華経研究最前線―印度篇】松山俊太郎×松本史朗×菅野博史
 【女神の神話学―ジャン・プシルスキー紹介】安藤礼二
【蒙古襲来史料としての日蓮遺文】川添昭二
【鬼検事・武富済―大逆事件を捏造した男】中川剛マックス
【私の歴史研究の足跡】川添昭二
新連載【私家版・戦後日本のジャズの歴史1】奥成 逹
【法華経の世界6 はじめに「法華経」があった―「序品」第一】ひろさちや
【仏教と近代日本13 ファシズムからニヒリズムへ―西谷啓治】末木文美士
【日蓮論4 佐渡の日蓮】島田裕巳
福神研緊急討論【東日本大地震と『立正安国論』】 
c0069542_18285167.jpg

[PR]

by 4-kama | 2011-06-04 18:26 | ジャズ批評