カテゴリ:書籍ウェブ登場編( 30 )


2012年 02月 12日

『詩の窓』藤富保男

c0069542_18581877.jpg
『詩の窓』藤富保男(思潮社)

p012) 魔ダダ模様
……1974年6月30日というある日、奥成達、山口謙二郎、岡崎英生、三上寛とぼくの5人はある雑誌を出そうと集合した。場所は銀座の山口謙二郎の事務所。この雑誌は2号で消滅の運命にあったのだが、2号の後記に創刊号がどのような状態でまとめられたか、名付けられたかという模様が書かれている。……
後記のつづきには、「創刊号では、三上寛「いくらなんでも」、岡崎英生「航海譚」、奥成達「汽笛が鳴るまで待てない」、藤富保男「調査委員会」のそれぞれの詩が、即座に手書きで書かれて、各詩のうらに、山口謙二郎の創意によるオブジェがデザインされ、詩ともども特別なファックスで焼付けられた。綴じは山口宅でミシンで一枚ずつあわせて行われた。縦26センチ、横14.5センチの50部限定でもう手許にはない。……

p045)ある詩人のことで

  木星人

 オルガンをふみながら月の砂漠を行くラクダ2頭
 バナナ色の東洋人の消防夫が2人
 雨の街を走っていく警官2人
 肉屋の前で花屋のように立っている男女2人

 計8人が木星人なのです


  女房
 
 女房があんまり肥ってしまったので部屋に閉じ込めたままにして
 おいたらカビがはえた。木の上にいた殺人犯がこれを見て吹きだ
 した。


 これは奥成達が書いた詩である。その昔は家族で文芸の雑誌「よにん」を出していたほど、幼少の頃からソノミチに異常な気圧を示していた詩人である。
 世に種々の職業を経験しながら、自分の道を確認するタイプの人があるが、奥成達も例外ではない。現在彼は雑文学という名の著述業の座にすわっているが、詩集、散文集のほか『3時間笑いっぱなしの本』、『俺はスーパーボーイ』『空飛ぶ冷し中華』『全部切り抜く本』など、実に爽快でワンダラスな著作を出している。……彼が北園克衛の「VOU」に加わったのは、その終刊の前であった。このときは彼が地道な詩人になるのかと、少々ドギモを抜かれたのである。
 その彼が今度『定本ジャズ三度笠』(冬樹社)を上梓した。その一部で、
「僕はとくにポエジィなんというのは、さらにその軽々しい気持とかムードの端っこや隙間をスッと一瞬走り抜けていくくらいが小気味良く、それが軽ければ軽いほど、曖昧であればあるほど、観たり読んだりしているこちら側にはポエジィが正確に伝わってくるもののように思っている」
 と書くとき、ぼくのドギモは、この痛快な詩論に拍手をしたのである。
……奥成達はトラムペットを吹き、赤城の子守唄ふうに艶歌を愛し、草野球の三割バッターをめざしている。……
[PR]

by 4-kama | 2012-02-12 18:58 | 書籍ウェブ登場編
2011年 02月 09日

ちょっと長い関係のブルース - 君は浅川マキを聴いたか

『ちょっと長い関係のブルース - 君は浅川マキを聴いたか』
c0069542_18443723.jpg
2011.1.25
発行:有楽出版社
発売:実業之日本社

石井紀男さん編集の「遊歩人」で続いていたリレー・エッセイ「君は浅川マキを聴いたか」の執筆者を中心に喜多條忠さんが責任編集。

27p)
コント55号のあとに突然「夜が明けたら」が流れてきた 奥成達

*「遊歩人」への寄稿は2008.1号、そのもようはこちら。
[PR]

by 4-kama | 2011-02-09 23:40 | 書籍ウェブ登場編
2009年 01月 04日

『58歳からの"知"の愉しみ』

c0069542_16174361.jpg『58歳からの"知"の愉しみ』
小中陽太郎
青春出版社
2000.6.10

P178)
……
 ぼくは「gui」といってとても楽しい詩の同人誌に入れてもらっている。藤富保男さんと奥成達君というジャズの好きな連中が集まって年に四回小さな雑誌を出し、銀座のクラブ マリーン(詩人のママの山口眞理子が同人だ)に集まる。ぼくは詩人ではない。でもここに勝手な個人の思い出や旅行記を書きすすめるのはとても楽しい。しかもこれは一回三万円の費用を負担しなければならない。しかしそれには代えられない仲間との楽しい語らいがある。これには詩人の奥成達の人柄が多いに助けている。また印刷から発送まで手弁当でやってくれる同人たちによる縁の下の力持ちが大きいのである。
……
 ここで大事なのは、若いときの同人雑誌のように酷評しない。「gui」では他人の作品は批評しない。面白いね、とか、あなたは変なこと考えているんだね、というくらいである。

[PR]

by 4-kama | 2009-01-04 16:18 | 書籍ウェブ登場編
2007年 08月 19日

『古本・貸本・気になる本』

c0069542_18431028.jpg出久根達郎  河出書房新社  2004.8

p41)
立体的な物を見る
……奥成達・文、ながたはるみ・絵『昭和こども図鑑』(ポプラ社・本体1600円)は、どちらかというと都会の、昭和二十年代、三十年代、四十年代の子供生活誌だが、しかし、「昔の男の子は、何かというと木に登って遊んでいた」、自然を見つけて遊び道具にしていた。本書に出てくる子供たちも、生きている目をしている。立体的な物ばかり見ていたのだ。

[PR]

by 4-kama | 2007-08-19 18:43 | 書籍ウェブ登場編
2007年 08月 19日

『千夜千冊虎の巻』

c0069542_18381621.jpg松岡正剛  求龍堂  2007.6

p28)
セイゴオ式読書術の秘密
……このあと第一章は、懐かしい柱時計のボーン・ボーンという音やら風船ガムやら山吹鉄砲に代表される「昭和の大事な忘れもの」を追ってます。昭和のオンリー・イエスタデイですね。ということはぼくの少年時代の思い出にもとづいた本たちということです。市橋芳則の『キャラメルの値段』とか奥成達『駄菓子屋図鑑』とか。ぼく自身も懐かしくて書いた。

[PR]

by 4-kama | 2007-08-19 18:38 | 書籍ウェブ登場編
2007年 08月 19日

『さよなら! セブンティーズ』

c0069542_17404165.jpgサエキけんぞう  クリタ舎  2007.2.28

p149)
全冷中とうわさのチャンネル
……山下洋輔をはじめとする、その周辺の人脈は新宿の「ジャックと豆の木」というスナックに集合していた。そうした状況は、筒井康隆責任編集の『面白半分』という雑誌に詳細に書いてあった。渋谷の百軒店にはちみつぱいを訪ねた僕も、さすがに新宿の「ジャックと豆の木」に顔を出す勇気はなかった。
……「第一回冷し中華祭り」が有楽町の読売ホールで行われた。この会合は、この一派にとっての「はっぴいえんど ラストタイム・アラウンド」にあたるものではないか? と今では思える。……演劇でもコンサートでもミュージカルでもない。とりとめもないバラエティなのだが底抜けに面白い。顎がはずれたような世界。これこそが、現在の「サブカル」といわれるものの源流ではないか? と思える。
 浪人年度の最初の日をこのショウで迎えた僕は「ああ、面白すぎる。こんなスゴイ集団を、僕ら世代は作れるのだろうか?」と自問した。どうせ生まれてきたなら、こんな雰囲気で一生を過ごしたいと思った。
……僕はその後、いろいろな集団に参加したり、自分で組織したりするたびに、「全冷中」を思い出してしまう。「ああいう風に面白くならないかな?」と。
……僕もまだまだ、これから探そうと思う。「全冷中」のような面白い集団を。


*「ジャックと豆の木」とあるのは「ジャックの豆の木」の間違いです。奥成達資料室のこちらを見てください(4-kama記)。
[PR]

by 4-kama | 2007-08-19 17:43 | 書籍ウェブ登場編
2006年 07月 09日

『ひよこのひとりごと』

c0069542_14542580.jpg
『ひよこのひとりごと 残るたのしみ』田辺聖子

中央公論新社 2006.6.7

p156)キカイ
 さきの<ちゃぶ台>につき、読者にお知らせをちょっと。ポプラ社から、『昭和こども図鑑——20年代、30年代、40年代の昭和こども誌』という本が出ている(2001年7月刊)。
 著者は昭和十七年生まれの、詩人・エッセイストの奥成達さん、絵は同じく十九年生れのイラストレーター、ながたはるみさん。
 文章も品よくのびやかだが、絵がまた、やさしく、丁寧で正確、子供たちの動作や表情の可愛いこと。「昭和のぼくらのこども時代」(まえがき)とあるが、昭和三年生れの私にもとてもなつかしい。……

[PR]

by 4-kama | 2006-07-09 14:54 | 書籍ウェブ登場編
2005年 11月 01日

『あのころ』

c0069542_19295921.jpg
『あのころ』
著者:川村年勝
発行者:山本雅三
発行所:北星堂書店
制作:SPIRIT+
編集:丹由美子、野辺名豊
カバーデザイン:ボーダー・境修一郎
本文デザイン:ジュピター・森あすか
協力:ジャムライス


帯:ジャズ・ピアニスト山下洋輔氏推薦 
  とんでもない不運にみまわれながら、絶望しつつ笑い、
  回復の道を見つけて泣く。
  これは、ブルースではないですか。
  ミュージシャンをさしおいてその境地に達した川村さんに
  敬意を表したい。

P12)向こう側の世界
……
「ソークメナーズ」とタモリが命名した伝説の草野球チームの重鎮は山下洋輔さんと奥成達さんが中心となって結成されました。
 両氏から監督に任命されて、その後毎年、大島でキャンプを張り試合に臨んだのです。
 このチームはユニホームが出来ただけで、バスを二台チャーターして志賀高原まで行って記念宴会を敢行してしまう型破りで純真な?面々の集団でした。……
[PR]

by 4-kama | 2005-11-01 19:30 | 書籍ウェブ登場編
2005年 10月 06日

『白く染まれ ホワイトという場所と人々』

『白く染まれ ホワイトという場所と人々』
c0069542_1916484.jpg
著者:宮崎三枝子
構成・編集:高平哲郎
アートディレクション・題字:長友 啓典(K2)
挿絵:黒田征太郎
タイトル命名:糸井 重里
発行者:賀川洋
発行所:アイビーシーパブリッシング株式会社
発売元:日本洋書販売株式会社
発行日:2005.9.26

p22) これではホワイトに入り浸りになるのも仕方がない 奥成達

……
いま手元に上村一夫が当時ホワイトで描いたスケッチがある。カウンターに坐っているのは左からミーコさん、南伸坊さん、上杉清文さん、そして奥成。カウンターに隠れるように上村一夫、アルバイトの女の子(名前を忘れた)という顔ぶれである。
……


p311)ホワイトで弾む会話  ミーコ・山下洋輔・筒井康隆

ミーコ:すいません、お忙しいところ。
筒井:大丈夫ですか?
ミーコ:はい。目も足も悪くなりました(笑)。もうお喋りなヘレン・ケラーと呼んで(笑)。
……

P312)
……
山下:平岡(正明)さんが朝まで四谷でディスクジョッキーやってたのを憶えています?
筒井:やってたの? それ知らない。
山下:一度聞いたことがあります。ぼくは最初は奥成(達)さんに誘われて行っているんですね。だから平岡・奥成が最初ですね。「ジャック」とチラリと重なっているんです。
……


p326)
……
山下:こっちはニューヨークの地下鉄だ。
ミーコ:それニューヨークじゃないわよ。丸の内線よ。
山下:あー丸の内線か(笑)。こうなっちゃうんだ。
ミーコ:もう四谷のホワイトで飲んでると別れがたくって、帰っちゃうのやだってあたしが電車に乗っちゃったの。山下さんも葉山に行くんで。奥成さんも。
山下:そうだそうだ。東京駅に向かってんだ。
……
ミーコ:奥成はね、ニューヨークじゃない、ドイツになっちゃってんの。「ドイツの電車の写真最高ですよね」って。どれかなーと思って。ドイツも行ったことないじゃん、あたし。地下鉄で四人で写ってるやつですよって言うから、そっかーって。もう話ができあがっちゃって。
……

p332)
……
ミーコ:……あたしたちが行ったのは「誰でもできる暗黒舞踏」。シーツかぶってね、暗黒舞踏踊ったんだよ。
山下:奥成さん、平岡さん一家もいたよね。みんなで麿赤兒になってね。化粧して。あの葉山のうちはおかしかったね。
……



[PR]

by 4-kama | 2005-10-06 19:17 | 書籍ウェブ登場編
2005年 06月 09日

『[漢字]博学のクスリ 知っているようで知らない日本語表現』

c0069542_12273777.jpg
『[漢字]博学のクスリ 知っているようで知らない日本語表現』

発行日:1994.4.5
監修:篠沢秀夫 奥成達 発行者:小澤源太郎 発行所:青春出版社 カバーイラスト:ウノカマキリ


p5) はじめに 篠原秀夫
……最後になりましたが、本書を監修するにあたり、たいへん御世話になった奥成達氏に、心から感謝の言葉を贈らせていただきます。ありがとうございました。

p229)本書は、主婦と生活社から出版された『漢字面白事典』『日本語面白事典』『地理面白事典』を大幅に加筆修正のうえ、新たに篠沢秀夫先生に監修していただいて1冊にまとめたものです。

[PR]

by 4-kama | 2005-06-09 12:31 | 書籍ウェブ登場編