奥成達資料室blog版

okunari.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:未分類( 53 )


2015年 09月 25日

奥成達さんを偲ぶ「花見」のような集いのご案内

終戦記念日の昼にカレーパンをちぎってひと口食べ、軽い寝息をたてていた翌日の深夜2時、奥成達さんは安らかな表情で息を引き取りました。
「東京25時」「小説マガジン」などの伝説の雑誌や、「ジャズ三度笠」「深夜酒場でフリーセッション」「空飛ぶ冷し中華」「怪談のいたずら」「遊び図鑑」「ドラッグに関する正しい読み方」「宮沢賢治、ジャズに出会う」「昭和の子ども生活図鑑」など幅広いジャンルの多彩な著作の他、詩誌「gui」で北園克衛研究、フリー音楽集団「BUSバンド」でのトランペットはレスター・ボウイみたいとおだてられ、草野球「ソークメナーズ」では野村克也の背番号19でガニ股打法のスラッガー、秘湯を愛する温泉主義、青山学院大学文学部講師、葉山の花見大宴会、六本木、新宿、銀座と盛り場を走り続け、エネルギッシュな創作と遊戯活動を展開。実に数多くの方々と出会い、支え、支えられ、巻き込み、巻き込まれての73年でした。
奥成達さんを偲んで、ご縁のあった方々に「花見」の感覚でお集りいただき、缶ビール片手に思い出話あれこれ花咲く時間となれば幸いです。

発起人にミュージシャンや詩人のお名前もありますが、特別な趣向の予定はございません。狭い会場で混雑が予想されるため、盛花もご辞退いたします。
花を飾る場所におひとりでも多くのご参加で、ワイワイガヤガヤにぎやかに盛り上がると、メニエル氏病からようやく解放された奥成達さんは焼酎のお湯割り飲みながら、にこやかに照れるのではないかと思います。
平服、普段着でご都合のよい時間にお出かけください。出欠のご返事はいりません。

日時 平成27年11月8日(日曜)午後1時〜5時
会費 1,500円、1Drink付
会場 シアターPoo(シアタープー) 新宿区新宿3丁目35-5 守ビル3F
   電話03-3341-8992 (エレベーター有り)

奥成達さんを偲ぶ「花見」のような集い発起人
 山下洋輔 渋谷毅 坂田明 龍野治徳
 白石かずこ 藤富保男 國峰照子 山口眞理子
 高平哲郎 吉田仁 森詠 高橋肇 四釜裕子
 岩神六平 奥成繁
[PR]

by 4-kama | 2015-09-25 20:48
2015年 08月 20日

新聞ウェブサイトの訃報記事

◉毎日新聞11時45分 訃報:奥成達さん73歳=詩人、ジャズ評論家
奥成達さん73歳(おくなり・たつ<本名・達=さとる>詩人、ジャズ評論家)16日、腎うがんのため死去。葬儀は近親者で営んだ。後日、しのぶ会を開く予定。喪主は妻でイラストレーターのながたはるみさん。
 詩作、音楽評論に加え、エッセー、社会風俗研究などサブカルチャー分野を幅広く手掛けた。詩集「サボテン男」、音楽評論「定本ジャズ三度笠」「宮澤賢治、ジャズに出会う」など著書多数。


◉朝日新聞12時50分 詩人・ジャズ評論家の奥成達さん死去
詩人・ジャズ評論家の奥成達さん死去
 奥成達さん(おくなり・たつ=詩人、ジャズ評論家、本名達〈さとる〉)が16日、腎うがんで死去、73歳。葬儀は近親者で営んだ。後日、しのぶ会を開く予定。喪主は妻でイラストレーターのながたはるみさん。
 ジャズ批評やエッセーなどを幅広く手がけた。著書に「宮澤賢治、ジャズに出会う」、ながたさんが絵、奥成さんが文を手がけた「昭和の子ども生活絵図鑑」などがある。


◉読売新聞13時40分 詩人、ジャズ評論家の奥成達さんが死去…73歳
  詩人でジャズ評論家の奥成達(おくなり・たつ)さん(本名・さとる)が、16日、腎盂(じんう)がんで亡くなった。
 73歳だった。告別式は近親者で済ませた。喪主は、妻でイラストレーターのながたはるみさん。
 著書に「宮澤賢治、ジャズに出会う」など。


◉時事ドットコム14:12 奥成達氏死去(詩人、ジャズ評論家)
 奥成 達氏(おくなり・たつ、本名達=さとる=詩人、ジャズ評論家)16日午前2時、腎盂(じんう)がんのため神奈川県葉山町の自宅で死去、73歳。東京都出身。葬儀は近親者で済ませた。喪主は妻でイラストレーターのながたはるみ(本名奥成晴美=おくなり・はるみ)さん。後日しのぶ会を開く予定。
 詩人として出発し、音楽やサブカルチャーについて幅広く評論を展開。著書に「宮澤賢治、ジャズに出会う」、昭和や子どもをテーマにながたさんが絵を担当した「図鑑」シリーズなど。

◉産経新聞14:45 詩人でジャズ評論家の奥成達氏が死去 73歳
 詩人、ジャズ評論家の奥成達氏(おくなり・たつ、本名・達=さとる=)が16日、腎うがんのため死去した。73歳。葬儀・告別式は近親者で行った。喪主は妻、ながたはるみ(本名・奥成晴美=おくなり・はるみ)さん。後日、しのぶ会を開く予定。
 著書に詩集「サボテン男」、評論「宮澤賢治、ジャズに出会う」など。イラストレーターのながたさんとの共著で「昭和こども図鑑」など、昭和の生活を描いたエッセーも手がけた。

[PR]

by 4-kama | 2015-08-20 17:03
2015年 08月 16日

2015年8月16日2時から奥成達さんは

2015年8月16日2時、奥成達さんが亡くなられました。お通夜とご葬儀はご家族でおこない、後日、お別れの会を開く予定とのことです。 
奥成達資料室blog版は2005年3月1日にはじめました。本サイトは2001年から公開している奥成達資料室です。

奥成達資料室・四釜裕子
[PR]

by 4-kama | 2015-08-16 02:01
2015年 07月 06日

奥成達のフィルモグラフィー

奥成達のフィルモグラフィー(シネマクエストより)
『ハードボイルドハネムーン』1974
  奥成達 役名ヘッケル
『津軽じょんがら節』1973
 上村一夫氏、川本コオ氏、高信太郎氏らと特別出演
[PR]

by 4-kama | 2015-07-06 05:32
2015年 05月 05日

『怪談の仕掛人 ヒンヤリの恐怖を楽しむ』などのこと

ウェブサイト「ショートショートの…」に「奥成達の怪談集」(2009.7.6)として『怪談の仕掛人 ヒンヤリの恐怖を楽しむ』『怪談のいたずら2』『怪談の仕掛人』『通勤電車で愉しむ! 退屈しのぎの笑える話』『怪談50連発! 子どもの読めない童話』のこと。
[PR]

by 4-kama | 2015-05-05 17:22
2015年 04月 01日

gui」104号

「gui」104
2015年4月1日発行
編集:gui
発行所:田村デザイン事務所
表紙:高橋昭八郎「第一語の暗箱」より
c0069542_16454214.jpg

私家版・戦後日本のジャズの歴史(補註篇)(11) 奥成達
[PR]

by 4-kama | 2015-04-01 16:44
2014年 04月 19日

吉増剛造さんが語る六、七十年代のこと

POST/吉増剛造さんのインタビュー 六、七十年代、諏訪優、白石かずこ、奥成達、草森紳一、岡田隆彦、沢渡朔各氏と知り合ったころのこと、「VOU」のことなど(2014.2)。
[PR]

by 4-kama | 2014-04-19 18:29
2012年 03月 09日

「BE-PAL」1997.1

「BE-PAL」1997.1
FIELD ESSAY
小原庄助さんに学ぶ  詩人・エッセイスト 奥成達
 東山温泉・湯川の流れの音で眼を覚ます。枕元の腕時計はまだ午前7時。盆の上には寝酒の空き徳利が三本、水差しの横にそのまま置いてある。
 寝床の中から手をのばし徳利を一本ずつふってみる。有難や、手つがずのまま燗冷ましになった一本が残っていた。それで頭から布団をかぶったまま迎え酒をする。極楽、極楽。
 ……
 庄助さんがとにかく素晴らしいのは、何といってもその向上心のなさ。この上昇志向ゼロの非生産性こそ、学ぶべきぼくのアウトドアライフのモットーであります。

[PR]

by 4-kama | 2012-03-09 18:33
2012年 03月 09日

新温泉主義①

(掲載誌不明)
連載 新温泉主義① 湯呑み人 奥成達 
 会津東山温泉(福島県) 小原庄助伝説を訪ねて
 ……
 彼は、過度な酒好きが災いして、会津にいられなくなり、奥州街道白河宿に住む絵師・羅漢山人を頼った。ところが、この羅漢山人も大酒豪だったことから、2人は夜ごと酒宴をくり返していたそうで、その結果この庄助さんはポックリ昇天してしまったという。
 ……
 温泉主義・湯呑み人としては、この小原庄助さんの「朝湯好き」に特に注目してみたい。普通に言えば"晩酌"に"風呂”だが、これが「朝酒」に「朝湯」となると、この一風呂には、もうちょっと非現実的な生理的な快感を最優先させる快楽的な要素が強くなってくるからである。

[PR]

by 4-kama | 2012-03-09 18:33
2012年 03月 03日

優雅な生活 昭和44年12月1日

優雅な生活 
創刊2号 
昭和44年12月1日
編集 宮崎研究室
発行 アグレマン社

 夜のうた 六本木界隈 文・奥成達 写真・佐藤武志 イラスト・永田はるみ

[PR]

by 4-kama | 2012-03-03 20:47