奥成達資料室blog版

okunari.exblog.jp
ブログトップ
2007年 10月 08日

「現代詩入門」vol.3 no.2

c0069542_19365071.gif「現代詩入門」
1957.2
北川冬彦編集

編集兼発行人:田畔忠彦
印刷人:馬場菊雄
発行所:時間社

P52) Pousse 芽 
選者:北川冬彦、櫻井勝美、藤富保男、大河原巌、盛合要道

 <短詩>
雨もり  奥成達   東京

みつめていると、
穴から
無数に私の眼玉が落下する。

<評>
君の詩は焦点をぴたりと射ていて、読んでいて、まことに痛快だ。この詩を君は無意識で書いたのかも知れないが、<私の眼玉>の<私の>に君の強い個性から生まれる主張を感じる。「夜行列車1」も秀れていた。どちらも出したい作品だ。

[PR]

by 4-kama | 2007-10-08 12:52 |


<< 「現代詩入門」vol.3 no.7      やまびこ(葉山エコーハイツ 2... >>