2007年 08月 19日

『千夜千冊虎の巻』

c0069542_18381621.jpg松岡正剛  求龍堂  2007.6

p28)
セイゴオ式読書術の秘密
……このあと第一章は、懐かしい柱時計のボーン・ボーンという音やら風船ガムやら山吹鉄砲に代表される「昭和の大事な忘れもの」を追ってます。昭和のオンリー・イエスタデイですね。ということはぼくの少年時代の思い出にもとづいた本たちということです。市橋芳則の『キャラメルの値段』とか奥成達『駄菓子屋図鑑』とか。ぼく自身も懐かしくて書いた。

[PR]

by 4-kama | 2007-08-19 18:38 | 書籍ウェブ登場編


<< 『古本・貸本・気になる本』      「現代詩手帖」1977 9月号 >>