2015年 08月 21日

wikipedia の表記

wikipedia 最終更新 2015年8月20日 (木) 10:25
奥成 達(おくなり たつ、1942年6月30日 - 2015年8月16日)は、日本の詩人、ジャズ評論家、著述家、漫画原作者、編集者、作詞家、トランペット奏者。東京都品川区大井出身。東京都立城南高等学校卒業。雑誌記者、タウン誌編集長、青山学院大学文学部講師を歴任。さまざまな種類の活動を通して、日本のサブカルチャー界に、広い人脈を築いた。また、様々な別名を用いて執筆活動を行っている。自身のペンネーム「異魔人」。また高橋肇との共同ペンネーム「影山勲」。弟の奥成繁(久保田呉春)との共同ペンネーム「山口泰」。

編集者として
•1961年に『日本団地新聞』に入社して、編集・記事執筆を行う。1964年にはエスエス製薬の宣伝課に勤務。この時の宣伝部長が、のち、『東京25時』を発行するアグレマン社の社長となる宮崎宣久だった。
•1967年には『主婦と生活』誌の編集部記者となる。美術課に在籍していた及川正通と知り合う。また、『主婦と生活』の仕事をしていた、山村雅昭、上村一夫、浜野安宏、沢渡朔などとも知り合う。
•1970年には、タウン誌『東京25時』(アグレマン社刊)を創刊し、編集長をつとめる。編集者は、高校の後輩の西脇英夫(のち、映画評論家)との2名であった。佐伯俊男の才能を発見しカバー絵に起用。また、佐伯を通して三上寛を知る。時代の熱気を取り込んだ、過激な雑誌であったが、テディ片岡(片岡義男の旧名)原作による「サザエさん」のパロディ「サザエさま」を掲載したことから、長谷川町子に訴訟を起こされ、賠償金50万円を支払い、同誌は1971年に廃刊。
•1977年には、セルフ出版(のち白夜書房)から、『小説マガジン』を刊行(編集人は末井昭だが、実質は奥成が編集長)。赤塚不二夫の「ウナギイヌ」を表紙にした、奥成の人脈を駆使した「面白雑誌」だったが、6号で休刊。

ジャズ評論家として
•中学生のころから、文化放送「トリス・ジャズ・ゲーム」の公開録音へと通う、ジャズ少年でもあった。1964年ごろ、相倉久人と出会う。
•1965年に『スウィング・ジャーナル』にジャズ評論を投稿し、評論家デビュー。1967年に『ジャズ批評』が創刊されると、創刊号から連載をもった。

イベンターとして この節の加筆が望まれています。
オカルト研究家として この節の加筆が望まれています。
作詞家として この節の加筆が望まれています。
「いたずら」「ひまつぶし」本の書き手として この節の加筆が望まれています。

著書
奥成達名義の著書
•ジャズ三度笠 アグレマン社 1971
•詩集『サボテン男』 思潮社 1974
•瞑想術入門(山田孝男,影山勲,奥成達) 大陸書房, 1974
•詩集『1・2・3・4が呼んでいる』 TBデザイン研究所 1976
•晩酌の思想(白石かずこ,奥成達,平岡正明) 住宅新報社, 1976
•ジャズ三度笠 其の弐 TBデザイン研究所 1976
•怪談のいたずら ゾーッとさせて楽しむ ベストセラーズ, 1977.8
•日本ジャズ伝(清水俊彦,平岡正明,奥成達) エイプリル・ミュージック, 1977.7
•伏字文学事典 ××を楽しむ本 住宅新報社 1977.7
•詩集『古都』TBデザイン研究所刊 1978
•俺はスーパーボーイ 広済堂出版, 1978.5
•空飛ぶ冷し中華(「全日本冷し中華愛好会」名義)住宅新報社 1978
•空飛ぶ冷し中華 Part2(「全日本冷し中華愛好会」名義)住宅新報社 1978
•共著:山下洋輔、筒井康隆、奥成達、平岡正明、坂田明、日比野孝二、河野典生、上杉清文、山口泰、伊達政保、舎人栄一、岡崎英生、瀬里なずな、小山彰太、池上比沙之、堀晃、黒鉄ヒロシ、赤瀬川原平、高信太郎、長谷邦夫、南伸坊、末井昭、長谷川法世、タモリ、吉峯英虎、赤塚不二夫、高平哲郎、朝倉喬司
•定本ハナモゲラの研究 講談社 1979
•共著:赤瀬川原平・赤塚不二夫・朝倉喬司・糸井重里・上杉清文・及川正通・岡崎英生・奥成達・鏡明・加藤芳一・高信太郎・小山彰太・坂田明・高平哲郎・タモリ・筒井康隆・中原仁・中村誠一・山口泰・山下洋輔・湯村輝彦・横田順彌
•3時間笑いっぱなしの本 サラリ-マン・あの手この手の新発想 かんき出版, 1979.12
•奇跡を起こす法 魔法,超能力が身につく本 主婦と生活社, 1980.8
•定本ジャズ三度笠 冬樹社, 1982.1
•活力ことわざ事典(奥成達文,南伸坊絵) 学校図書, 1983.2
•深夜酒場でフリーセッション 晶文社, 1984.5
•遊び図鑑 いつでもどこでもだれとでも(奥成達文、ながたはるみ絵) 福音館書店, 1987.5
•怪談の仕掛人 ヒンヤリの恐怖を楽しむ… ベストセラーズ, 1989.7 -文庫化時に「怪談のいたずら2」と改題。
•秘密の暗号ゲーム ラブ・サインの送り方から謎解きまで(奥成達とその一味)ベストセラーズ, 1989.10
•Small change Hayama Horiuchi blues ミッドナイト・プレス, 1990.12
•ドラッグに関する正しい読み方 Drug culuture map 大村書店, 1991.10
•通勤電車で愉しむ!退屈しのぎの笑える話(奥成達とその仲間) 青春出版社, 1994.7
•子どもの読めない童話 怪談50連発! ベストセラーズ, 1995.8
•駄菓子屋図鑑(奥成達文、ながたはるみ絵)飛鳥新社, 1995.8
•みんながジャズに明け暮れた 私家版・日本ジャズ史 三一書房, 1997.11
•学校では教えられない日本史読本 この古文書が証す新事実の歴史 青春出版社, 1997.10
•直筆が覆した日本史読本 学校で教えなかった古文書 青春出版社, 1998.7
•なつかしの小学校図鑑(奥成達文、ながたはるみ絵)いそっぷ社, 1999.12
•旅で考える生きるヒント 50歳からの修学旅行 (奥成達文、吉岡宏写真) ワニマガジン社, 2000.3
•昭和こども図鑑 20年代、30年代、40年代の昭和こども誌(奥成達文、ながたはるみ絵) ポプラ社, 2001.7
•昭和こども食べもの図鑑 卓袱台を囲んで食べた家族の味、その思い出の味覚たち(奥成達文、ながたはるみ絵)ポプラ社, 2004.4
•なつかしの昭和30年代図鑑 (奥成達文、ながたはるみ絵)いそっぷ社, 2005.11
•昭和30年代スケッチブック 失われた風景を求めて(奥成達文、ながたはるみ絵)いそっぷ社 2007/10

出典
•平岡正明『スラップスティック快人伝』(白川書院 1976年)
外部リンク
•奥成達 資料室

[PR]

by 4-kama | 2015-08-21 01:06 | 書籍ウェブ登場編


<< 「森田一義氏へ 70歳のお誕生...      新聞ウェブサイトの訃報記事 >>