奥成達資料室blog版

okunari.exblog.jp
ブログトップ
2005年 06月 02日

『腹立半分日記』

『腹立半分日記』筒井康隆 文春文庫 1991
カバー:山藤章二
c0069542_17101041.jpg

p186) 三月十四日(月) 
山下洋輔トリオ、長谷邦夫、奥成達、高平哲郎など計八人、がやがやとやってくる。ワインなど飲み、話がはずむ。「第一回冷し中華まつり」のでかいポスターを貰う。読売ホールでやるのだが、問合せ殺到だという。おそらく満員札止めになるのではないか。
坂田明はトラックでウッド・ベースをもってきてくれた。馬鹿でかくて置き場所に困る。

p233)七月二日(土)
八時、新宿西口へ行く。「ジャックの豆の木」閉店記念バス・ツアーである。バスは大型二台、さっそく揃いの浴衣を渡される。山下洋輔トリオ、タモリ、長谷邦夫、奥成達、高信太郎など。いちばん遅れてA子ママ。……

p264)九月十五日(木)
午後八時、読売テレビへ着く。11PM「冷し中華」の出演者全員がすでにロビーに集まっている。藤本義一、山下洋輔トリオ、平岡正明、奥成達、他。上杉清文とは初対面。
放送後、二十人ほどで曾根崎裏通りの飲み屋へ流れ、二時ごろまで騒ぐ。ロイヤル・ホテルに着いてからさらに大幹部七人が山下洋輔の部屋に集まり、四時半まで話しこむ。


注:いずれも1968年。
[PR]

by 4-kama | 2005-06-02 17:10 | 書籍ウェブ登場編


<< 『モダン古書案内』      『無意味の原像』 >>