2005年 03月 29日

『瞑想術入門』

c0069542_19435461.jpg
『瞑想術入門』山田孝男 影山勲 奥成達 共著 大陸書房 昭和49 カバー・イラスト 横尾忠則 本文イラスト・ながたはるみ

古本屋かヤフオクか。いったいどこのウェブサイトから古本を買ったのか、わからなくなるというか全く気にしなくなってしまった。嫌な傾向。でもそれくらい、どこのサイトもしっかりしているということ。本の状態もやりとりも、なにもかも問題ない。ときに過剰な同封物に驚くが、それ以外はあまりにスマートなので、記憶に残らない。

そんななか、驚きましたのがこの本。前述のようなことですからたぶん「書き込みあり」ってきちんと書いてあったけどわたしが忘れただけなんでしょう。とはいえ、赤に黒の鉛筆にボールペンに赤マジックにみごとな書き込み。しみも。
中学時代の友、ユキヒコ君を思い出しました。彼は勉強熱心でだいじなところにマーカーで線をひいていたのですが、どの教科書も全部に線がひいてあったので人気者でした。それに比べれば、赤と黒の二色に限定されたあたりはストイックだ。

たとえば。

 すなわち「超意識」は、本能と同じく自我感情を離れているが

の全体に赤鉛筆で線。

 「超意識」は、本能と同じく自我感情を離れている

にえんぴつの線。

 超

の字にえんぴつで、○。

さらに、そのページの上部アキにえんぴつでしたためたが消された跡。

三版で昭和53年です。どこのだれが神妙に通読されたのか知らないけれど、やがて筆跡鑑定とか残された鉛筆成分の分析とか重ねるうちに、わが国の瞑想術の一般化の歴史の驚くべき一幕が明らかにされるかもしれません、ので、奥成達資料室蔵書といたします。
ご参考までに、所有者は、九つあるチャクラのうち、マニプーラ・チャクラにエンピツ下線をひくという傾向のかたで、○印は占有、魂、臍、解脱、妨害、意志といった一〜二文字の漢字羅列に多くみられます。

■参考:bookbar4/奥成達資料室

[PR]

by 4-kama | 2005-03-29 19:53


<< 『高級藝術宣言』      北園克衛『郷土詩論』を読む(38) >>