奥成達資料室blog版

okunari.exblog.jp
ブログトップ
2009年 01月 04日

『58歳からの"知"の愉しみ』

c0069542_16174361.jpg『58歳からの"知"の愉しみ』
小中陽太郎
青春出版社
2000.6.10

P178)
……
 ぼくは「gui」といってとても楽しい詩の同人誌に入れてもらっている。藤富保男さんと奥成達君というジャズの好きな連中が集まって年に四回小さな雑誌を出し、銀座のクラブ マリーン(詩人のママの山口眞理子が同人だ)に集まる。ぼくは詩人ではない。でもここに勝手な個人の思い出や旅行記を書きすすめるのはとても楽しい。しかもこれは一回三万円の費用を負担しなければならない。しかしそれには代えられない仲間との楽しい語らいがある。これには詩人の奥成達の人柄が多いに助けている。また印刷から発送まで手弁当でやってくれる同人たちによる縁の下の力持ちが大きいのである。
……
 ここで大事なのは、若いときの同人雑誌のように酷評しない。「gui」では他人の作品は批評しない。面白いね、とか、あなたは変なこと考えているんだね、というくらいである。

[PR]

by 4-kama | 2009-01-04 16:18 | 書籍ウェブ登場編


<< 「現代詩手帖」09.02      『藤富保男詩集全景』 >>